フローリングは、床という性質上、傷つきやすい場所になります。
このため、さまざまな補修方法が考案されており、個人でも手軽に行えるようになっています。


フローリングを直す修理の種類としては、テープを貼り付けるものや特殊な色付きの樹脂を傷に穴に埋めるものなどがあります。

また傷が小さければワックス掛けで目立たなくすることができます。

これらはホームセンターなどで売られており誰でも行うことができます。特にテープを貼る場合には、見た目はそれほど良くありませんが、気軽に行うことができ、それ以上の傷の広がりを防ぐことができます。

エキサイトニュースに関する情報収集をサポートします。

また樹脂を埋め込むものは色付きであるため、色さえ合わせれば自然な状態で直すことができるメリットがあり、またこれらは数千円程度で購入することができます。一方で、本格的にフローリングを補修する場合には、業者に依頼することで行うことができます。



フローリングの補修はその傷などの違いによって行う作業が異なってきます。
小さなキズであればワックスなどを用いた方が効率がよく直すことができます。
また傷が深い場合やより完璧に直す場合には傷の周辺を綺麗に削り、そこにパテを充てんする方法で穴埋めが行なわれます。

さらに色合いの違いは水性塗料などを用いて彩色されるので不自然さがないメリットがあります。



時間は大きさによって異なりますが、1日程度で行うことができますが、業者に依頼した場合には、1万円程度は必要になります。