翻訳会社の実務翻訳とは

「実務翻訳」という言葉を聞いたことはありますか。

翻訳会社が行う、ビジネス文書などの翻訳サービスを「実務翻訳」といいます。小説の翻訳・映画字幕などは「文芸翻訳」といわれており、別の分野とされているのです。この「実務翻訳」ではどのような文章が翻訳されているのでしょう。ビジネス関連の文書ですから、もちろん事務的な書類の翻訳が実施されています。そのため取り扱う幅が広いのが特徴です。契約書・仕様書・取り扱い説明書から学術書・論文までも「実務翻訳」が取り扱っています。

学術論文の場合は、引用文献や脚注なども翻訳が必要となりますから、専門的な知識とスキルを兼ね備えた人材が必要となります。翻訳会社に翻訳サービスを依頼する場合は、元原稿と参考資料や見本が必要です。加えて、表記の統一ガイドも必要と言われています。このガイドには表記のルールや、好ましくない表現などを記載しておきあらかじめ翻訳ミスを防ぐようにしておくのです。

翻訳会社によってはスピード対応に応じてくれる会社もあり、オプションの料金を支払う事で決められた期限内や数時間内で翻訳を可能とするところも存在します。ニーズに応じた翻訳会社を選定するべきです。実務翻訳の分野においては、使用用途や原稿を読む対象者などの情報が必要となります。文字数もあらかじめ把握しておくと、見積もりを依頼する際にスムーズに物事が運ぶでしょう。さらに納品後にはどのようなサポートがあるのかも確認しておく事が大切です。アフターケアがしっかりしていれば、ビジネスの場でも余裕のある対処が可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *