翻訳会社にサービスを依頼するには

翻訳会社では、映画字幕や小説の翻訳だけではなく、ビジネス用の契約書や仕様書・学術書などを翻訳する実務翻訳のサービスを実施しています。

では、実際に翻訳を依頼する場合のプロセスはどのようになっているのでしょう。まず翻訳を依頼する場合、現在では翻訳会社だけではなくクラウドソーシングに依頼するという手段もあります。文章の内容によって依頼先は異なりますが、重要な文章であれば高いスキルが保証されている翻訳会社に依頼するほうが良いでしょう。依頼の際に、依頼主が用意すべきものはまず元原稿、そしてそれに付随する参考資料と見本です。

加えて表記の統一ガイドも用意すると良いでしょう。統一ガイドには、表記の際のルールや望ましくない表現を記載しておきます。こうすることでミスを事前に防いでおくのです。翻訳依頼は各社に電話またはFAX、メールで問い合わせを行います。使用用途や原稿を実際に読む対象者、原稿の文字数も伝えると比較的スムーズに依頼する事が可能です。翻訳は基本的に1文字に対して単価が決められます。

もし、より専門的な知識が必要である場合の翻訳であれば、この単価がアップするという仕組みです。各社から料金・必要な日数などの連絡があったあとは、依頼主がサービス内容を検討しどの会社に依頼をするか検討します。満足の行く内容と価格を提出した翻訳会社があれば、そこで契約を行うという流れになるでしょう。納品はデータファイルまたはそれらを印字した原稿が送付されるケースがほとんどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *