翻訳会社での仕事について

翻訳会社での仕事ですが、これは副業とするのに非常に向いているものの一つです。

基本的にオフィスに出社する必要がありません。仕事は自分の空いた時間に自分のペースで進めることができます。勤務時間が会社によって指定されたり、決められたりするようなことはなく、別の仕事を持っている人がその仕事を終えて帰ってきた後の夜の時間とか、休日などを使って行うことも可能です。もちろん翻訳会社も会社として仕事を請け負っている以上、請け負った翻訳には納期というものはあります。

完全に自分自身だけの自由意志で例えば外国の文学作品を翻訳する場合は期限など特に無いかもしれませんが、翻訳会社が請け負った仕事の場合はさすがにそうはいきません。その意味では、完全に自分のペースで仕事を進めることができるかというとそうではありません。ですが、その仕事を引き受けるかどうかは自分の自由意志で決めることができます。これは一般の会社員とは異なるところで、一般の会社員の場合、仕事に関する上司の指示に対して、それは自分はやりませんとは言えないのが普通でしょう。

ですがこの場合はそうではありません。ただ、仕事のオファーに対して、あまりにも頻繁にそれを断っていてはそのうちこの人に頼んでも無駄だと思われ、オファーそのものが来なくなっててしまうかもしれませんから、その点は注意する必要はあります。ただ、これはあくまで常識で判断できるような事柄でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *