翻訳会社での翻訳について

翻訳会社では当然翻訳の仕事をしているわけですが、実は、実際に翻訳の作業をしている人というのは翻訳会社の社員ではないことがほとんどです。

フリーの立場で翻訳の仕事をしている人と契約をしており、翻訳会社に対して依頼、注文のあった翻訳の仕事のそれぞれについて、仕事の量や難易度、求められる納期などを勘案して適切と思われるフリーの翻訳者に翻訳作業をお願いしているというような形態になっています。この、フリーの立場の翻訳者ですが、相当に特別なスキル、能力、経験を持った人でなければ到底なれないのだろうと思う人も多いでしょう。

確かに翻訳を仕事にするわけですからある程度の語学力がないと話にならないのは言うまでもありません。ですが、ごく一握りの特別なスキルを持った人しかなれないのかというと、意外なほどそうでもありません。とくにビジネスの現場において多少なりとも外国語を操ったことのある人であれば十分に戦力と見なされることも多いです。翻訳会社にとってみれば、フリーの立場の翻訳者と契約を結ぶことそのものは別に出費ではありません。

正社員を雇うとなれば仕事ができる人かどうかに関わらず給料などの固定費が発生しますから会社としては慎重になるのは当然ですが、あくまで出来高制での給料支払い契約ですから、会社にとって契約しておくことはさほど大きなリスクではないからです。つまり、比較的簡単に採用される可能性が十分にあるということで、一種チャンスとも言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *