翻訳会社と翻訳ソフト

翻訳会社は言うまでもなく翻訳の仕事をしているわけですが、実際の翻訳作業をしているのはこれまた言うまでもなく人間でした。

もちろんそれ相応の語学スキルを持った人であり、そういう人たちが一つ一つ翻訳していたわけです。過去形で書いていますが、これは現在でもかなりの部分そのまま当てはまります。ところが、最近になって急速にその状況は変わりつつあります。翻訳ソフトの出現によります。翻訳ソフトといっても、誰でも簡単に、あるいは多少の費用を払えば手に入るようなものではありません。

ですが一方で、最近ではインターネット上を探せば無料で誰でも使えるような翻訳アプリもいくらでも見つかります。無料とはいってもその実力はなかなかのものだと感じている人も多いでしょう。無料でもそれなりのものが提供できるくらいなのですから、しっかりしたシステムであればかなりの実力を有するものができていそうだということも容易に想像がつきますし、事実そのとおりです。

翻訳会社ではプロの翻訳者に匹敵するレベルの翻訳ソフトの開発に力を入れており、ソフトの使い方にもよりますが現時点でもかなりそのレベルに近づきつつある状態です。単に単語やフレーズを置き換える形での機械的翻訳ではなく、前後の文脈なども把握した上での翻訳であり、その意味ではAIに近いものです。翻訳会社での仕事がコンピューターのシステムエンジニア的なものになる日も近いのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *