翻訳会社が変わらなければならなくなった理由

今の翻訳会社は驚くほどの変化を求められるようになったといえます。

それは検索エンジンの会社が自動翻訳ツールを開発したからなのですが、これによってこれまでの翻訳業務のほとんどが無くなっていったと考えられます。何しろ自動翻訳ツールは無料で使えて、いつでも何処でも利用できるということになっていますから、利便性もコストも全てが翻訳会社を遥かにしのぐという事になります。

とすれば、後は出来る事は自動翻訳ツールが利用できないエンジニアなどの専門的な所と、契約書類などの絶対に間違いが許されない書類の作成などに絞られてしまう事になり、今は翻訳会社はこうしたところに活路を求めているという事にもなっています。このような事が出来る用になったのは、別に検索エンジンの会社が翻訳技術を手に入れたというわけでも何でもないという事が驚くべき事と言えます。

というのは、検索エンジンの会社はデータとして膨大な翻訳のデータを持っているので、これに人工知能という経験で学ぶことが出来るCPUを利用して、経験を積ませて学習をさせるという事をさせたわけです。学習を積んでCPUは驚くべきスピードで進化して、開発者が出来ないような翻訳も出来るようになるという、とんでもない技術が出来たということで、これを応用すると人が考えて出来る事は全て人工知能でも可能という事になります。この事が如何に凄いのかという事は、翻訳会社の仕事が一気に無くなったという事も見ても明らかです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *