翻訳会社での仕事について

翻訳会社での仕事はもちろん翻訳をすることですが、意外なことに、翻訳会社の社員で翻訳に携わっている人は思ったほどには多くありません。

どういうことかというと、翻訳を仕事にしている人の多くはフリーランスの立場であり、翻訳会社の社員という立場の人は少ないからです。もちろん、常にフリーランスの立場の人に思ったときに仕事を依頼できるとは限りませんから、最低限の社員の人はいますが、多くはそうではありません。これは裏を返すと、フリーランスの立場で、言い換えれば本業としてではなく副業としてであっても翻訳の仕事を始めることは比較的簡単にできるということでもあります。

どこかの会社の社員にならないとできない仕事の場合、今それを仕事にしていない人が仕事にするには転職するしかないでしょうが、フリーランスであってもできる仕事であれば本業を別に持っていても気軽に始めることが可能です。もちろんフリーランスの立場ですから収入の保証は全くありません。

給料が月給制で毎月決まった金額がもらえるというものではなく、あくまで実際に実施した仕事に対する出来高払いの報酬制となります。一方で、会社という組織に必要以上に拘束されることもありません。会社に出勤する必要はなく自宅やカフェを仕事場にしても構いませんし、仕事をする時間についても自分の自由です。締め切り日までに仕事を終える限りは、いつ行おうが自分のペースで進めることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *