翻訳会社に起きた激変は全ての業界でも起きる

昨今の翻訳会社に起きたとんでもない変化として、検索エンジンの会社が翻訳ソフトを開発して、それまで翻訳会社が独占していたシェアを全て奪ったという事がありましたが、このような事はこれから他の業界でもいくらでも起きるようになると考えた方がいいでしょう。

これは単なる一つの事に過ぎません。これまでは翻訳会社の仕事は独占的なもので、他の業者が参入するような事は出来ませんでしたが、検索エンジンの会社が自動翻訳ツールという物を開発したので、これで一気に日常会話レベルの翻訳はこれで十分ということになったわけです。性能は日進月歩で進化していますから、今でも既に翻訳会社のレベルを超えているという事がありますが、将来は更に使いやすく便利になるという事が考えられますから、もう翻訳会社の勝ち目はありません。

ですから、今は日常会話レベルではなく、専門分野に特化するという事で生き残りを考えているという事になっています。こうした事が出来るようになったのは人工知能というものが開発されたからで、自分で学んで自分で何でも出来る用になる事が可能なので、翻訳というような事でも出来る用になったというわけです。という事は、人が学んで習得している事は全て出来るという事になりますから、今後様々な業種でこのような事が頻繁に起きるという事が考えられていて、業界の激変は必須というように考えられているわけです。正に激動の時代といって良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *