翻訳者と翻訳会社について

翻訳の仕事をする人がいるので、誰でも世界中の本を読んだりドラマや映画を見たりすることができます。

翻訳といえば日本語以外で書かれた日本語に訳して日本人が読めるようにしたり外国映画のセリフを聞いて日本語の字幕にするなどをというイメージが先行しがちですが、翻訳は小説や映画だけではありません。最近では、海外で作られたホームページの文章を日本語にしたり、海外の会社が販売するサイトの翻訳をしたりして、日本人なら日本語に訳するのが翻訳の仕事です。

また翻訳といえば英語を日本語にするということが多かったのですが、現在では観光や企業の進出で中国語を日本語に替えたり、逆に日本語を中国語に訳したりすることが増えています。いずれにしても翻訳の仕事をするには役する元の言語のことも日本語の表現などについての正しい知識も持ち合わせる必要があるので特に資格は必要ありませんが、大学などで外国語を専攻していたり専門学校で学んだ人がなれる仕事です。

翻訳家の多くはフリーランスで仕事をしますが、それでも翻訳会社に所属してその翻訳会社から仕事を請け負うという形になります。収入は出来高制となるので、たくさん仕事をするほど報酬も多くなり、専門性の高い仕事をするほど単価も高くなります。翻訳会社はこのようにフリーランスの翻訳者に登録をしてもらって仕事を依頼したり、常駐をしている翻訳者もいますが、仕事には納期がつきものです。納期内に仕事を終えて、しかも品質の高い翻訳ができるようにするため、納期よりも早めに納品してもらい、構成やチェックなどをする人も翻訳会社内には必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *