翻訳サービスは組織的な読みおこしの時代

翻訳サービスは、有料で提供されるサービスで外国語から自国語へ外国語相互への翻訳を組織的に行う業務になります。

その範囲は、単なる翻訳から講演や音楽データの文字おこし・文書の要約・分類、コピーライティングと幅広い業務が含まれます。例えば、翻訳サービスのコンテンツ要約は、URLや文書としてお客様に頂いた複雑なコンテンツをお客様に代わってわかりやすく要約するような作業になります。

昔から学術関係の論文や医学などの専門分野で学問を紐解くことが必要であったことから始まった翻訳サービスですが多岐にわたる需要が業務内容を変えてきています。顧客のニーズに合わせて組織的に、文書の読み込みから翻訳・翻訳された文書の校正から編集まで迅速で丁寧な作業が行われています。

文書の読みおこしにおいては、外国語の一字一句を文字おこしを行いネイティブな言語で置き換えます。専門知識がないと翻訳作業もできなくなってきました。インターネットの普及で外国の文書に接する機会も多く多言語にわたる翻訳が必要になっています。東京オリンピックを控えて翻訳サービスは、より重要な位置づけになります。簡単な案内文から紹介文書・会社案内にいたるまで幅広い翻訳作業が目白押しに迫ってきています。

組織としての翻訳サービスが力を発揮する時が訪れたのです。意味がわかった翻訳こそクライアントは望んでいます。ありきたりの翻訳では許してくれなくなっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *