翻訳サービスの種類と特徴を解説

翻訳サービスには、翻訳会社に依頼する方法、クラウドソーシングを利用する方法、コンピューターが翻訳をするインターネットサービスを利用する方法の3つに大きく分けられます。

翻訳会社は、それぞれの会社に得意分野や専門分野がある場合や、多様な分野の翻訳を受け入れている場合があります。翻訳可能な言語も英語に限らず、中国語や韓国語、ドイツ語など様々な言語に対応していることが多いです。量がある場合や、間違いがあっては困るような重要な案件は、実績のある翻訳会社に依頼することが安心です。きちんと契約を結ぶため、納品遅れや情報漏洩などのリスクも少ないです。

クラウドソーシングは、不特定多数の人にインターネットを通じて翻訳を依頼することができる翻訳サービスです。実力のある翻訳者に当たることもあれば、あまり上手ではない翻訳者に当たることもあります。ですが、コストを安く抑えることができるので、良い翻訳者に出会うことができれば、継続して案件を依頼することも可能です。コンピューターによるインターネット上の翻訳サービスは、いつでもどこでも気軽に利用できるところがメリットです。

例えば、海外旅行中の日常会話にちょっと使いたい時や、勉強中にわからない単語をすぐに調べたい時などにすぐに利用できます。無料サービスがほとんどなので、費用の心配もありません。ですが、コンピューターによる翻訳なので、文脈や空気感等を察して翻訳することは難しく、硬い表現になったり文脈と異なる翻訳になる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *